川崎で探す弁護士マルチガイド

川崎の弁護士がカンタンに見つかる!

川崎で探す弁護士マルチガイドHOME【個人編】 相談内容で選ぶ川崎のおすすめ弁護士事務所債務(借金)

債務(借金)

川崎で債務整理・破産などの問題に詳しい弁護士事務所を3社ピックアップし、それぞれの特徴や強みについての情報をまとめました。相談料・着手金の目安や、債務整理における弁護士選びのポイントについても必見です。

債務(借金)問題に注力する川崎の弁護士事務所3選

川崎で債務(借金)問題に力を入れている弁護士事務所をご紹介。債務問題は生活がかかった重要な問題。納得できる解決方法を見つけるためにも、信頼できる弁護士事務所に依頼しましょう。

川崎あすか法律事務所の秋元大樹弁護士の画像

川崎あすか
法律事務所

代表弁護士
秋元 大樹
所在地 川崎市川崎区駅前本町15-5 十五番館10F
アクセス JR「川崎駅」徒歩2分
受付時間 9:00~21:00
料金
  • 相談料:初回0円(30分)、30分以降5,250円
  • 着手金:不明
【特徴・強み】
  • 借金をなくすだけでなく、その後の生活まで含めて対応
  • 分割払い・着手金なしの成功報酬制を採用
詳細はこちら
川崎パシフィック法律事務所の種村弁護士の画像

川崎パシフィック
法律事務所

代表弁護士
種村 求
所在地 川崎市川崎区駅前本町11-1 パシフィックマークス川崎ビル6F
アクセス JR各線「川崎駅」徒歩1分・京浜急行「京急川崎駅」徒歩1分
受付時間 9:00~18:00
料金
  • 初回相談・電話問合わせ無料
  • 着手金:0円
特徴・強み
  • 過払金回収・破産手続など適切な解決方法を提案・実行
  • さまざまな手法を組み合わせ、生活再建を目指す
  • 条件が揃えば「法テラス」の代理援助申請も可能
詳細はこちら
川崎パートナーズ法律事務所・植原弁護士の画像

川崎パートナーズ法律事務所詳細

代表弁護士
植原 健一
所在地 川崎市川崎区駅前本町3-1 NOF川崎東口ビル4F
アクセス JR「川崎駅」徒歩1分
受付時間 9:30~19:00
料金
  • 相談料:債務関連は何度でも0円
  • 着手金:20万円~
特徴・強み
  • 債務に関する専門知識・ノウハウ豊富な弁護士が担当
  • 地域密着で問題解決に対応してきた実績あり
詳細はこちら

人には聞けない!債務整理あれこれ

債務整理をしなくてはといっても、何をして良いのかわからない人もいます。弁護士選びも重要ですが、何も知らない状態で債務整理に臨むことはオススメ出来ません。債務整理をしなければと思う前に、次のようなことをしっかり確認しましょう。

債務整理の方法

自己破産

裁判所を通じて財産などを清算したのち、借金を免除できる方法です。自己破産は「破産」と「免責」の2つの手続きに分けられます。破産手続きは、まず財産を処分して債権者に配当する手続きです。その後、それでも残った借金の免除をしてもらう手続きが免責です。

返済をし続けることができなくなり、財産を処分しても払いきれない借金が残ったとき、免除してもらう、という形になります。2つの手続きはまとめて行われるため、2つをまとめて「破産手続」と呼びます。

借金はなくなって人生をリセットできるのですが、自己破産をしたという事実は信用情報にのり、クレジットカードなどは使えなくなります。また生活をするために必要な最低限の財産や現金は残りますが、財産は基本的に処分しなくてはなりません。

また、自己破産をできる場合とできない場合があります。ギャンブルや名義貸し、株などで作ってしまった借金は面積不許可事由となるため、場合によっては自己破産により借金を免除してもらえなくなります。ただし、真剣に手続きに取り組めば免責してくれる可能性もあるため、まずは弁護士に相談してみるといいでしょう。

任意

任意は「任意整理」と呼ばれており、借金をしている相手業者と話し合いをして借金や毎月の返済額を減らしてもらう方法です。今よりも支払いの負担が軽減され、生活もしやすくなります。弁護士が代理人になると、まずは依頼者と毎月どれぐらいなら返済ができるかを相談し、その後業者に和解交渉を行います。裁判所の手続きは通さないため、和解といった扱いになります。ただし、任意整理をする場合は、安定した収入があることが条件です。

任意整理によって減らすことができるのは、利息制限法で定められた利率より高い分の利息のみです。利息制限法より低い金利の借金は減額することができません。しかし、利息制限法より高い利率の利息を長く支払っていた場合、過払い金がある可能性もあります。その場合、取引によって借金がゼロになったり、反対に戻ってくることも。まずは弁護士に相談して、今の段階で過払い金は発生しそうか、借金は減額になりそうか確認しましょう。

個人再生

個人再生とは、裁判所を通じて手続きを進める債務整理です。裁判所に申立書を提出し、法律によって借金を減額できます。裁判の手続きに必要な資料を集めなくてはいけませんが、任意整理をするよりも借金を減らすことができ、3年から5年で決めた額を支払うことができれば、残りは免除されます。

個人再生であれば、住宅や車の資産をそのままに手続きを進めることができるのも特徴です。任意整理では支払いきれない借金がある、どうしてもそのままにしておきたい資産がある、という場合には個人再生がおすすめです。債務整理と個人再生で迷う場合は、弁護士に相談してどんな方法が最適なのかを一緒に考えてもらいましょう。

弁護士への相談方法

債務整理をする前に、弁護士への相談をする必要があります。知り合いに弁護士がいればこのような相談は必要ないかもしれませんが、弁護士に状況を説明や、どの債務整理が適しているのかを伝えなければなりません。弁護士への相談方法が分からないという人もいるので、次のことを注意して相談するように心がけましょう。

まずは無料相談から

弁護士に相談するといっても、相談をするだけで料金が発生します。そこで、弁護士事務所が定期的に行なっている無料相談や、自治体が開催している無料相談会を利用しましょう。事務所主催の無料相談であれば、担当者がすぐに決まるということがありますが、自治体の場合はどんな弁護士に依頼をするべきか?どんな債務整理が適切か?ということを簡潔に教えてくれます。自分の状況がどんな状況なのか全く分からない場合は、無料相談で意見を聞いてみましょう。無料相談のメリットとしては、条件にあった弁護士を紹介してくれるので、紹介された弁護士を頼ることもオススメします。

相談時に気をつけるべきこと

無料相談は、有料の相談と違って時間が限られていることがあります。そのため、自分の状況を的確に伝えることも重要です。そのため、どのようなことを伝えるべきか、事前に把握しておきましょう。
まずは、借金の総額、借入先の数、収入は債務整理で最低限必要な情報なので、まずはこれらをしっかり伝えることができるよう情報整理をしておきましょう。弁護士に依頼をする時は、さらに細かい情報が求められるので、事前の準備がとても重要です。

準備すべきものは

債務整理を行うにあたり、資料が多く必要になります。そのため、相談をする前にできるだけ準備できる資料を集めるようにしましょう。
例えば、次のような資料は債務整理を行うにあたり必要になるので、事前準備をオススメします。

身分証明書
債権者一覧
借入時の契約書、借り入れ明細書
金融業者からの請求書、督促状
預金通帳
家計の収支表、家計簿
不動産登記簿謄本

これらは、一例ですが必要になります。弁護士に必要な資料を集めてほしいと言われるので、言われた資料はできる限り集めるようにしましょう。

債務整理後の生活は?

どうしても気になるのが、債務整理後の生活です。債務後の生活がどのように変化するのか?と不安に感じている人もいるでしょう。自己破産の場合は様々な制約が生じることがありますが、任意整理や個人再生の場合は、通常の生活と変わりなく送ることができます。もちろん、状況によっては自己破産の可能性もありますが、任意整理で解決するケースが多くあるので、そこまで心配することではありません。大切なのは、弁護士に包み隠さず正直に話すことが重要です。任意整理できる依頼だとしても、嘘をついたことで出来ないということも考えられるので依頼時は正直に話しましょう。

債務整理における弁護士選びのポイント

債務(借金)関係で悩みを抱えている方は「現状をどうにかしたいという」一心で、ほとんど下調べもなしに弁護士事務所へ依頼してしまうことがあります。

しかし、納得できる解決を目指すためには、冷静に適切な弁護士事務所を選ぶことが第一。以下に選び方のポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

債務整理の経験を豊富に持っているか

債務整理についての経験・実績が豊富な弁護士とそうでない弁護士とでは、結果に大きな差が生まれることもあります。経験豊富な弁護士事務所は手続きの進め方もスムーズですし、債務整理に際して生じるトラブル対処へのノウハウも数多く持っているものです。

不慣れな弁護士だと業者の言いなりで和解というケースもあるため、経験・実績については特に重視しましょう。

しっかり話を聞いてくれるか

依頼者の不安や疑問を取り除き、話にしっかり耳を傾けてくれる弁護士事務所を選びましょう。また、状況や手続きの説明、疑問・質問に対する回答が分かりやすいかどうかも重要。

よい弁護士は依頼者にとって不利な事実もしっかりと説明し、その上で適切な解決案を提示してくれるものです。

料金体制が明確か

債務整理でもっとも心配されるのが、費用の問題ではないでしょうか。費用についての相談にも親身になってくれ、相談時に明確な金額を提示してくれる弁護士事務所を選ぶようにしましょう。

なかには、債務に関する相談については無料で対応してくれる事務所もありますので、うまく活用するとよいでしょう。

 

債務(借金)問題の依頼の流れと費用目安

ページトップ
川崎で探す弁護士マルチガイド