川崎で探す弁護士マルチガイド

川崎の弁護士がカンタンに見つかる!

川崎で探す弁護士マルチガイドHOME【個人編】 相談内容で選ぶ川崎のおすすめ弁護士事務所依頼の流れと費用相場

依頼の流れと費用相場

交通事故の示談交渉・裁判について弁護士に相談し、解決するまでの流れを解説しています。相談・依頼を行うまでのタイミングや、気になる費用の目安についてもまとめています。

交通事故で弁護士に依頼した場合の流れ

交通事故に遭ってから弁護士事務所に相談するまでの時間は、なるべく早い方が◎。できれば医師が診断書を作成する前に相談し、必要があれば依頼を行うようにしましょう。交通事故事件を弁護士に依頼する際の流れは以下の通りです。

1.警察への届け出

交通事故が発生したら、まず警察署へ届け出を行います。現場での実況見分などが警察官によって行われ、事故の様子を詳細に記した調書が作成されます。状況にもよりますが、この時点で交通事故に強い弁護士への相談をスタートさせましょう。

2.病院などでの治療

被害者は病院で検査・治療を受け、症状によっては入院・通院します。通院においては、ある程度の日数・頻度で通わないと治療費を打ち切られてしまうので注意。また、後遺症認定を受けるためには診断書が発行される病院に通院することが大切です。弁護士に相談しておけば、どういう病院に通ったらよいか・どのくらいの日数が必要かなどのアドバイスを受けられます。

3.後遺症の認定

治療が終了し症状が固定したら、通院・入院していた病院に後遺障害診断書を発行してもらいます。これにより後遺障害の等級が決まりますが、認定結果に納得できなければ異議申し立てもできます。後遺障害の等級によって慰謝料・損害賠償の金額は大きく違ってくるため、専門家のアドバイスに基づいた対策が必要です。

4.慰謝料・損害賠償の請求

後遺障害の認定が終わると、交通事故による損害額が算出されます。このとき、保険会社が提示してくる金額は、適正な水準よりも低いことがほとんど。何も知らずに受け入れてしまうと大損をする恐れがあるため、正当な金額を主張するようにしましょう。

5.示談交渉

加害者側・保険会社との示談交渉を行います。しかし、保険会社の提示額よりも高い金額を主張する場合、個人だと交渉すら行ってもらえないことがあります。弁護士を立て、法に則った適切な対応をしていきましょう。

5.訴訟

示談で話がまとまらない場合は、訴訟・調停・ADR(裁判外紛争解決手続)を行うことになります。示談に比べると時間や手間はかかりますが、しっかり主張できれば正当な慰謝料・損害賠償を勝ち取ることができます。

費用の相場

交通事故事件にかかる弁護士費用の相場をご紹介しています。報酬の基準は各弁護士・法律事務所によって異なりますが、以下の基準を用いている事務所は多いようです。また、なかには着手金なしで依頼できる成果報酬方式を導入しているところもあります。

相談料 無料または5,000円/30分
着手金 ・経済的利益が300万円以下:経済的利益の8%
・300万円以上3,000万円以下:経済的利益の5%+9万円
・3,000万円以上3億円以下:経済的利益の3%+69万円
・3億円以上:経済的利益の2%+369万円
報酬金 ・経済的利益が300万円以下:経済的利益の16%
・300万円以上3,000万円以下:経済的利益の10%+18万円
・3,000万円以上3億円以下:経済的利益の6%+138万円
・3億円以上:経済的利益の4%+738万円
示談交渉の場合 ・着手金:10~20万円程度
・報酬金:損害賠償・慰謝料アップ分の10%程度

以上の費用の他に必要となるのが、日当や実費。日当とは、弁護士が調査や裁判などで事務所を離れた場合に支払うものです。どのようなケースで発生するのか、目安はどれくらいになりそうなのか、こちらも事前にチェックしておきましょう。実費は、弁護士の交通費・郵便代・振り込み手数料・書類作成料などがこれにあたります。

ページトップ
川崎で探す弁護士マルチガイド