川崎で探す弁護士マルチガイド

川崎の弁護士がカンタンに見つかる!

川崎で探す弁護士マルチガイドHOME【個人編】 相談内容で選ぶ川崎のおすすめ弁護士事務所依頼の流れと費用目安

依頼の流れと費用目安

債務(借金)整理の相談・裁判について弁護士に依頼したとき、どのような流れで手続きが進行するのかをまとめました。必要となる費用の目安についても解説していますので、ぜひチェックしてください。

債務整理で弁護士に依頼した場合の流れ

債務(借金)整理を弁護士に依頼すると、債権者(金融会社など)からの督促をストップさせることができます。一人で悩まず、一日でも早く弁護士に依頼することが大切です。以下に、弁護士に債務整理を依頼した場合の流れをご紹介します。

1.弁護士への相談・契約

まず、法律相談などを利用して債務(借金)整理の実績豊富な弁護士を探します。相談に行く際は、借入先・残金が分かる資料(契約書・返済領収書・請求書など)を持参。必要な手続き・費用などの条件が合えば契約を行います。

2.受任通知(弁護士介入通知)の送付

契約を行うと、まず弁護士は受任通知(弁護士介入通知)を債権者に送付。通知が債権者に届くと督促が止まり、返済をする必要がなくなります。これ以降は弁護士が代理人となって一切の手続きを進めるため、依頼者と債権者の直接のやり取りはなくなります。

3.債権届出・取引履歴の開示請求・金利の引き直し

各債権者に取引履歴の開示を請求し、依頼者の資料・記憶と内容が一致するかを確認。取引履歴をもとに、利息制限法の範囲内に引き直し計算を行います。引き直し計算とは、利息制限法が定める金利(15~20%)内で利息を返済したものと仮定し、借金の残額を再計算することです。これで残額がマイナスになる場合は、過払い金の返還請求を行うことができます。

4.債務整理の方法を決定

金利の引き直し計算を行うと債務の総額が確定するため、ここで方針の検討(任意整理・個人再生・自己破産など)をします。弁護士のアドバイスをもとに、最適な債務整理方法を選びましょう。

費用の相場

債務(借金)整理を弁護士に依頼した際、かかる費用の目安は以下の通りです。

任意整理 ・着手金:1社あたり2~4万円程度
・報酬金:着手金とほぼ同額(債権の減額・過払い金の返還があった場合は金額の数%を報酬金として加算)
自己破産 ・着手金:20万円程度
・報酬金:着手金とほぼ同額(免責決定が得られた場合のみ発生)
個人再生 ・着手金:30万円程度
・報酬金:着手金とほぼ同額

債務整理における弁護士費用は、各事務所によって大きな差があるようです。しかし、費用の高い・安いだけで弁護士を選ぶワケにもいかないため、しっかりと話を聞いて慎重に選ぶようにしてください。よい弁護士事務所は、依頼者の資力に応じた金額・支払方法を提示してくれます。すぐに費用を全額支払いできない場合、分割払い・過払い金回収による精算時払い・法テラスの利用などが選べることもあります。

ページトップ
川崎で探す弁護士マルチガイド