川崎市でおすすめの弁護士事務所?トラブル別で厳選?

川崎の弁護士がカンタンに見つかる!

川崎で探す弁護士マルチガイドHOME【個人編】 相談内容で選ぶ川崎のおすすめ弁護士事務所相続

相続

ここでは、遺言・相続に関する問題を相談できる京急川崎駅周辺の法律事務所を紹介している他、相続に関する税金や申請手続きなどの基礎知識についても解説しています。

相続・遺言問題に対応している川崎の弁護士事務所

神奈川県弁護士会 弁護士情報提供サービス「ひまわりサーチ」に2023年8月21日時点で登録されていた弁護士情報の中から、「遺言・相続」を重点取扱業務としており、川崎市を登録住所としている弁護士(38名)を調査。その弁護士らが在籍する弁護士事務所のうち、京急川崎駅から徒歩10分以内の場所にあり、相続トラブルに関する相談を無料で対応している弁護士事務所にフォーカスを当てて紹介しています(2023年8月21日時点編集チームによる独自調査/京急川崎駅から近い順に掲載)。

※重点取扱業務とは、特に重点的に取り扱っている業務として各弁護士が自己申告しており、神奈川県弁護士会 弁護士情報提供サービス「ひまわりリサーチ」へ登録している情報です。
※京急川崎駅から事務所所在地までの徒歩分数はGoogleマップにて算出しています(2023年8月21日時点の調査)。

川崎パシフィック法律事務所

川崎パシフィック法律事務所
引用元:川崎パシフィック法律事務所公式HP(https://kawasakipacific.com/)

京急川崎駅から徒歩2分の事務所にて、遺産分割や遺留分減殺請求、遺言書・契約書の作成、遺言執行、相続放棄・限定承認の交渉等、交渉から手続きまで幅広く対応。依頼者の代理人としてスムーズに手続き・交渉を進め、深刻化しやすい相続問題の心的負担軽減に努めています。

「遺言・相続」を重点取扱業務としている在籍弁護士

  • 種村 求(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)

相続に関する無料相談の詳細

相続を含む法律相談料は初回無料(30分程度)です。公式HPに掲載されている「承る機会の多い遺産関連のQ&A」を事前に確認したうえで相談することで、よりスムーズに無料相談を活用できるでしょう。

公式HPから無料相談

川崎パシフィック法律事務所の概要

事務所の所属弁護士(2023年8月時点) 代表:種村 求(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
稲葉 進太郎(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
岩永 和大(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
齋藤 毅(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
増井 史彰(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
所在地 神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-1 パシフィックマークス川崎ビル8F(京急川崎駅から徒歩2分)

川崎エスト法律事務所

川崎エスト法律事務所
引用元:川崎エスト法律事務所公式HP(http://kawasakiest.com/)

遺言・相続・遺産分割の相談・サポートを実施。最低着手金額は税込11万円です。事件終了時に発生する報酬は、結果の成否(経済的利益の額)に応じて変動(4.4%~17.6%)します(※着手金・報酬のいずれも事案に応じて税込11~22万円を加算)。

「遺言・相続」を重点取扱業務としている在籍弁護士

  • 横田 朋佳(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
  • 大橋 賢也(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)

相続に関する無料相談の詳細

法律相談の分野を問わず、初回無料相談(30分以内)を実施しています。2回目以降の相談は税込5,000円(30分程度)となるため、初回無料相談を受ける前に相談したい内容をできる限りまとめておきましょう。

公式HPから無料相談

川崎エスト法律事務所の概要

事務所の所属弁護士(2023年8月時点) 代表:横田 朋佳(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
代表:大橋 賢也(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
所在地 神奈川県川崎市川崎区砂子1-10-2 ソシオ砂子302(京急川崎駅から徒歩3分)

川崎相続遺言法律事務所

川崎相続遺言法律事務所
引用元:公式川崎相続遺言法律事務所公式HP(http://www.souzoku-lo.com/)

名前にある通り、相続・遺言に関する事件に力を入れている事務所です。相続関連分野の事例を重点的に研究してノウハウを蓄積。相続財産調査、遺産分割や遺留分減殺請求の交渉・調停、相続放棄手続、遺言書作成・遺言執行等に対応しているので相談してみると良いでしょう。

「遺言・相続」を重点取扱業務としている在籍弁護士

  • 勝本 広太(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
  • 関口 英紀(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)

相続に関する無料相談の詳細

相続・遺言に関する相談のみ、1時間程度の初回無料相談枠を設けています。時間をかけて依頼者に寄り添い、思いを汲み取ることを大切にしている事務所です。

公式HPから無料相談

川崎相続遺言法律事務所の概要

事務所の所属弁護士(2023年8月時点) 小林 賢一(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
勝本 広太(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
関口 英紀(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
※代表者記載なし
所在地 神奈川県川崎市川崎区砂子1-5-4 市川ビル3D(京急川崎駅から徒歩3分)

川崎ひかり法律事務所

川崎ひかり法律事務所
引用元:川崎ひかり法律事務所公式HP(https://kawasaki-hikari.com/souzoku/)

遺言書作成から遺言書の検認、遺言執行、遺産分割や遺留分侵害額の請求、相続放棄・限定承認の手続きにいたるまで幅広く対応。公式HPには、相続・遺言に関する解決事例が掲載されているので、参考にすると良いでしょう。

「遺言・相続」を重点取扱業務としている在籍弁護士

  • 坂本 佳隆(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)

相続に関する無料相談の詳細

相続に関する法律相談(1時間)を初回無料で実施。2回目以降は30分毎に税込5,500円となるので頭に入れておきましょう。

公式HPから無料相談

川崎ひかり法律事務所の概要

事務所の所属弁護士(2023年8月時点) 坂本 佳隆(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
池田 博毅(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
久貝 仁(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
楠田 真司(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
坂本 正之(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
橋本 訓幸(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
畑 裕士(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
栁町 大介(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
※代表者記載なし
所在地 神奈川県川崎市川崎区東田町8 パレール三井ビルディング11階 1101号室(京急川崎駅から徒歩5分)

やまもと総合法律事務所

やまもと総合法律事務所
引用元:やまもと総合法律事務所公式HP(https://kawasaki-law.com/)

川崎市役所向かい、市役所通り沿いにある事務所。相続・遺言の分野では、遺言書作成のほか、遺産分割協議・相続放棄・遺留分減殺請求などに対応。基本は事務所会議室での相談となりますが、場合によっては出張相談にも対応しています。

「遺言・相続」を重点取扱業務としている在籍弁護士

  • 山本 友也(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)

相続に関する無料相談の詳細

分野を問わず、初回法律相談(30分以内)は無料となっています。30分を超えた場合は最大1時間まで、税込3,300円で延長相談可能です。

公式HPから無料相談

やまもと総合法律事務所の概要

事務所の所属弁護士(2023年8月時点) 代表:山本 友也(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
細川 宗孝(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
谷貝 弓子(日本弁護士連合会「神奈川弁護士会」所属)
所在地 神奈川県川崎市川崎区東田町6-2 ミヤダイビル8階(京急川崎駅から徒歩5分)

相続・遺言問題に対応している
弁護士事務所をもう一度見る>>

「相続を弁護士に相談すべき理由」

どの家庭でもおこりうる相続問題。家庭によって実にさまざまなトラブルの形があります。例えば、亡くなった父の遺言がない、相続人が未成年、相続人の中に遺産を独占しようとしている人がいるなど、裕福な家庭だけでなく、一般の家庭でも起こっているので、注意が必要です。そんなトラブルが起こったときに相談できるのが弁護士や行政書士、司法書士、税理士。

しかし、弁護士とそのほかの士業には明確な違いがあります。弁護士は、遺産分割の交渉、調停、審判ができ、相続人の間で問題が解決しないときに、代理人として弁護士が必要な交渉を担当するのが可能です。しかし行政書士や司法書士などは、遺産分割協議書作成や相続に関する調査はできるものの、遺産分割の交渉や調停、審判などをやってはいけない、と法律で定められています。ですので、さまざまな問題に一任して対応できる弁護士に相談したほうが、スムーズに解決できるのです。

「相続を弁護士に相談するメリット」

話し合いで解決できたら良いのですが、相続に関する問題はお金が絡んでくるので、そう簡単にはいきません。弁護士に頼むと、さまざまなメリットが得られ、問題解決へとスムーズに進められます。相続の手続きに関していうと、生前の借金の扱い方や遺言書を見つけたあとの検認の手続きといった、簡単に解決できない問題にも弁護士が対応。

また、相続人一人ひとりの希望条件で分割できるよう、さまざまな分割の仕方を提案したり、交渉したりします。その際は、話し合いがなるべく長引かないよう、相続問題が得意な弁護士に頼むのが大切。お金が絡むと、親族同士でも争い合ってしまいますが、いつまでもその状態が続かないようサポートやアドバイスをしてくれるのです。問題に発展しやすい遺留分の問題にも、弁護士が対応します。はじめから依頼していると、面倒な手間が省け、納得のいく遺留分を取り戻すのが可能です。

相続問題における弁護士選びのポイント

相続に関しては法的関係が複雑であるだけでなく、依頼者・他の相続人の感情なども踏まえたうえでのサポートが必要となります。

手続きをスムーズに進めるためにも、以下のようなポイントを重視して弁護士選びをしましょう。

相続案件の経験・実績を豊富に持っているか

相続問題は法的に複雑であるため、ただ単に弁護士としてのキャリアが長いだけでは対応できないことも多くなります。この分野に詳しいかどうかは、ホームページなどで相続に関する情報を分かりやすく説明できているかどうかをチェック。

相続問題に詳しく、実務の経験を多く持つ弁護士は、依頼者の不安・疑問を解消するべく丁寧な説明を行っているものです。

親身に話を聞いてくれるか・気兼ねなく相談できるか

相続問題では身内同士が揉めることも多く、法的な対応だけでなくメンタル面のサポートが重要となってきます。複雑に絡み合った人間関係の中で上手に立ち回ってくれる弁護士は、人の話に親身に耳を傾け、気持ちに寄り添って業務を進めてくれるものです。

精神的負担を軽くするためにも、法律相談などを利用し、どんなに小さな疑問・不安でも打ち明けられる弁護士を選ぶようにしましょう。

相続問題から派生するトラブルも解決できるか

相続に関する問題は、不動産・税金などとも関連の深いものです。他ジャンルのトラブルが派生した場合でも柔軟に対処してもらえるよう、さまざまな分野に対応できる弁護士を選ぶべきです。

また、司法書士・行政書士に依頼するという手もありますが、相続紛争に介入できる権限を持つのは弁護士だけであるということを覚えておきましょう。

相続のトラブルを防ぐ遺言書について知っておきたいこと

遺言書は、正しい仕方で作成されていないと無効になってしまいます。 遺言書の種類や作成方法、ポイントについてご紹介します。

遺言書の方式・種類

遺言書には「普通方式」「特別方式」の2種類があり、ほとんどの場合は普通方式の遺言書が作成されます。遺言を作る基本的条件は、「15歳以上であること(※1)」「複数人の記入でないこと」「日付の明記があること(〇月吉日等は無効)」等です。

普通方式:自筆証書遺言

自筆証書遺言は、日本において最も一般的な遺言です。

【作成条件】

遺言者の直筆であること、作成日付を日にちまで明記すること、署名と押印(認印や拇印も可)を忘れないことです。

【ポイント】

夫婦であっても共同遺言は不可です。遺言者の死亡後に、家庭裁判所での検認が必要です。保管環境によっては滅失や偽造の恐れがあります。

普通方式:公正証書遺言

遺言者が公証役場の公証人に遺言内容を伝え、公証人がその内容を遺言書に書き込むという方法です。

【作成条件】

財産に関して利害関係のない成人の証人が2人必要(※2)です。また財産額に応じた費用がかかります。例えば5,000万の財産に関して遺言する場合は2.9万円の手数料(※3)がかかります。

【ポイント】

内容はプロがチェックするため、間違いにより無効になることや偽造される恐れもありません。公的な文書としての遺言になるため、莫大な財産を持つ資産家など相続争いが特に心配される場合には有効です。

普通方式:秘密証書遺言

遺言の内容を誰にも知られたくない場合に作成されます。現在では法改正によって、ほとんど存在意義のない方式となっています。

【作成条件】

特にありません。直筆でなくPC使用や代筆も可能で、封をして封印をすれば完成です。その後2人の証人と一緒に公証役場へ提出します。公証人に提出後、遺言を提出した日付、遺言者の申述を公証人が封筒に記載し、遺言者、公証人、証人が署名押印します。

【ポイント】

遺言書の保管は自分でするため、紛失に注意します。また遺言書の存在自体が秘密となるため、いざという場合に機能するかは疑問が残ります。

特別方式:一般危急時遺言

特別方式の遺言書とは、予期せぬタイミングで死期が迫っていたり、外界から隔離されているという状況下で緊急に作成するものです。特性上、作成してから遺言者が6ヵ月間生存した場合は無効(※4)とされます。 一般危急時遺言は、急病や事故などに遭い、死が迫っているとされた場合に作成されます。

【作成条件】

証人3人以上の立ち会いが必要(※5)です。遺言者がその内の1人に口頭で遺言し、口頭を受けた証人は遺言を筆記します。それぞれの証人が筆記が正確なことを確認した後、署名押印することで作成されます。

【ポイント】

遺言書が作成されてから20日以内に、家庭裁判所で審判請求(※6)をしなければなりません。

特別方式:難船危急時遺言

船や飛行機の事故で命が危険と分かった場合など、緊迫した状況下で作成されます。

【作成条件】

証人2人以上の立ち会いが必要(※7)で、遺言者が口頭で遺言を行い、証人が遺言の趣旨を筆記して、署名押印することで作成される遺言です。

【ポイント】

この場合、遺言者だけでなく証人自身も死が迫っている状況が考えられるため、執行される確立が極めて低いといえます。また、作成から20日以内に家庭裁判所で審判請求をしなければなりません。

特別方式:隔絶地遺言(一般・船舶)

伝染病で隔離されている人、および服役囚や災害被災者など、交通手段が絶たれている人が選択可能な方法です。船に乗っていて陸地から離れている人の場合は「船舶隔絶地遺言」となります。

【作成条件】

一般の場合、警察官1人と証人1人の立ち合いが必要(※8)です。家庭裁判所の審判請求は不要となります。 船舶の場合、船長もしくは事務員1人と証人2人の立ち合いが必要(※9)です。家庭裁判所への審判請求は不要です。

【ポイント】

死が迫っている場合に限らず作成可能ですが、遺言者の死亡後には家庭裁判所での検認が必要です。

相続問題の依頼の流れと費用目安

こんな時どうする?相続のあれこれ

相続に関する税金や申請手続きなどの基礎知識について解説します。

相続税の申告手続きはどんな時必要?期限はいつまで!?

相続税の申告手続きが必要なのは全体の5%程度ですが、配偶者控除を利用する場合や特例を適用する場合は申告が必要です。申告期限はなくなってから10ヶ月となっており、税理士登録をしている弁護士または税理士に相談するのがおすすめです。

相続税の申告手続きはどんな時必要?

生前贈与されたら…贈与税の申告が必要な場合にやるべきこと

生前贈与は、年間110万円以下であれば非課税となり申告は不要です。ただし、配偶者控除など特例の適用を受ける際には申告が必要となります。贈与を忘れると延滞税などのペナルティが課せられることがあるため、弁護士や税理士に相談するようにしましょう。

贈与税の申告が必要な場合にやるべきこと

相続税は延納できるの?

諸事情で現金での一括払いが困難という場合に利用できるのが、相続税の分割払いである延納。ただし利用には様々な条件があり、利子も発生します。利用した方がよいかどうかは、弁護士や税理士と相談しながら慎重に判断すべきです。

相続税の延納について知っておきたいこと

相続税の物納とは

相続税の分割払いである延納でも納付が難しいという場合に用意されているのが、不動産や株式などを相続税に充てることができる物納です。ただし、物納には厳しい条件があり、不動産の場合は売却した方がよいという場合もあります。

相続税の物納について知っておきたいこと

不動産相続の申請手続きってどうやるの?

相続不動産を持っている所有者が亡くなったとき、相続人が行わなくてはならないのが不動産相続(相続登記)です。ただ、不動産相続の申請手続きは、相続する状況によって流れが異なります。状況に応じてどんな手続きが必要かを知っておきましょう。

不動産相続の申請手続きの方法を知る

借金の相続放棄の注意点

借金の相続を放棄するには、家庭裁判所で相続放棄の手続きを行わなければなりません。相続放棄の手続きをすると、他の財産も一切相続できなくなります。また、相続放棄の手続きにはできる期間が定められているので、相続放棄を検討する際には、すぐにでも手続きに取り掛かる必要があります。

借金の相続放棄の注意点を知る

遺留分とは?

法定相続人に保証されている遺産取得分である「遺留分」。被相続人の遺書に、遺留分が侵害されるような内容が記されていた場合には、訴えを起こすことができます。また、放っておいて自然に分配されるものではない、という点にも注意が必要です。

遺留分とは?を知る

住んでいる家の相続税対策について

住んでいる家の相続には、小規模宅地の特例を受けることができます。小規模宅地の特例が適用されれば、最大80%も評価額の減額が可能です。特例にはさまざまな適用条件がありますが、条件をクリアすれば、節税に大きな効果を発揮します。

住んでいる家の相続税対策について知る

預金も相続税の対象?

預金も相続税の対象となります。たとえば亡くなる前に預金を引き出していた場合、手許現金として相続税申告に含めなければなりません。また遺産分割においても、「預金を引き出して隠しておく」というのはNG。民事で問われることがあるため注意が必要です。

預金と相続税について知る

空き家を相続放棄する際の注意点

空き家を相続放棄したからといって、空き家と一切関係がなくなるわけではありません。次の相続人に相続権が移るまでは、きちんと適切に管理しなければならないと定められています。では、空き家を相続する人が誰もいないときには、どうすれば良いのでしょうか?

空き家を相続放棄する際の注意点について

特別受益とは

一部の相続人だけが、被相続人から生前贈与などで他の相続人よりも大きな財産を受け取っているような場合、それは「特別受益」と呼ばれます。相続の公平性を維持する特別受益のルールや遺産分割の計算方法を把握しておきましょう。

特別受益について

遺産分割協議とは

「遺産分割協議」とは、遺産の分割の割合を相続人全員で話し合うことを指します。遺産分割協議を行う場合にはさまざまな注意点がありますので、あらかじめ知っておくことをおすすめします。またこちらの記事では、協議内容がまとまった後に作成する遺産分割協議書についてもまとめています。

遺産分割協議について

【個人編】 相談内容で選ぶ川崎のおすすめ弁護士事務所

【法人編】 相談内容で選ぶ川崎のおすすめ弁護士事務所

川崎で評判のおすすめ弁護士事務所

交通事故を起こした際に気になるポイント

サイトマップ

メインメニュー

ページトップ

【免責事項】
このサイトは、2015年4月現在の各サイトの掲載情報を元に作成しております。事例や口コミは当時のURLから引用・参照しているため、閲覧時期により掲載が見当たらない場合がありますがご了承ください。紹介している事例や増額事例などはあくまで参考であり、弁護士に依頼すれば同じ額を回収できると保証するものではありません。各弁護士事務所に関する詳細情報は、公式サイトよりお問い合わせください。

【PR】川崎市でおすすめの弁護士事務所?トラブル別で厳選?