川崎市でおすすめの弁護士事務所~トラブル別で厳選~

川崎の弁護士がカンタンに見つかる!

川崎で探す弁護士マルチガイドHOME【個人編】 相談内容で選ぶ川崎のおすすめ弁護士事務所 » 交通事故

交通事故

交通事故に案件に強い川崎の弁護士事務所3選

交通事故の示談交渉・訴訟に高い専門性を持ち、活動に力を入れている川崎の弁護士事務所をご紹介しています。

交通事故案件の実績・経験が豊富なのはもちろん、いつどんなタイミングで起きるかわからない交通事故に対し、柔軟に対応できる体制が整っていることも重要です。

交通事故は年間53万件以上も発生しているトラブルですが、中には解決が困難な事案も存在します。そんな時には、交通事故を専門的に扱うスタッフがいると心強いですね。交通事故に関する専門サイトをもっている3社を報酬金の安い順に掲載しています。※2021年7月調査時点

川崎パシフィック法律事務所

代表弁護士

川崎パシフィック法律事務所の種村弁護士の画像

種村 求

事務所情報

所在地 神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-1 パシフィックマークス川崎ビル6F
アクセス JR「川崎駅」徒歩1分
受付時間 9:00~18:00
料金
  • 料金:初回相談:無料(30分間)/着手金:0円

川崎パシフィック法律事務所の特徴・強み

月40件以上の相談件数

交通事故に関する相談は、月に40件以上に対応しています。豊富な実績に基づいて、最適な解決方法を一緒に考えてもらえます。依頼者の立場になって納得できる解決策を提案。親身に話を聞いてもらえるので安心です。

交通事故が専門の弁護士が対応

交通事故を専門にしている弁護士が対応してくれます。事故の相手方や保険会社とのやり取りを引き受けてもらえるので、一人で対応に悩むことはありません。どのように行動するべきかなど、不安なところはしっかり教えてもらえます。

土日・夜間も対応してもらえる

平日は仕事で相談できない場合でも、土日祝や夜間の相談に対応してもらえます。平日に時間が取れない場合は相談してみてください。また、交通事故の相談は、何度でも無料です。納得できるまで相談して、解決方針が決まってから正式に依頼できます。

川崎パシフィック法律事務所の公式サイトはこちら

川崎つばさ法律事務所

代表弁護士

川崎つばさ法律事務所の酒井弁護士の画像

酒井 保徳

事務所情報

所在地 神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5クリエ川崎11階
アクセス JR「川崎駅」徒歩2分
受付時間 10:00~20:00
料金
  • 初回相談無料、着手金0円

川崎つばさ法律事務所の特徴・強み

複数弁護士で分析

10名以上の弁護士が在籍している事務所なので、対応したノウハウが共有されています。多様な交通事故案件に対応可能。弁護士によって判断が分かれるようなことは、複数の弁護士が分析し、よりよい解決方法に導いてもらえます。

医学的知識を持っている

事故により後遺症が残った場合、後遺障害等級認定が受けられます。しかし、通院方法や頻度が重要に。医学的知識を有しているので、後遺障害等級認定を受けるために有利な通院指導・受けておくべき検査などのアドバイスをしてもらえます。

土日も20時まで対応可能

土日も平常営業。夜は20時まで相談対応ができるので、平日の日中に時間が取れない人も安心です。休日対応ではなく平常対応なので、気を使うこともありません。事前に予約すれば、祝日や深夜の対応もしてもらえます。

川崎つばさ法律事務所の公式サイトはこちら

アディーレ法律事務所

川崎支店長

アディーレ法律事務所の鈴木弁護士の画像

鈴木 渉

事務所情報

所在地 神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-1パシフィックマークス川崎13F
アクセス JR「川崎駅」徒歩1分
受付時間 9:00~22:00
料金
  • 料金:相談無料、着手金無料

アディーレ法律事務所の特徴・強み

慰謝料対応は相談、着手金無料

交通事故の慰謝料請求は、相談料も着手金も無料です。相談は何度でも無料。成果がなければ成功報酬も不要。費用の心配をせずに依頼できます。弁護士に依頼すると慰謝料が増額できる可能性があるので、相談してみてはいかがでしょうか。

面倒な交渉はすべて弁護士任せ

自力ではコミュニケーションが難しい加害者本人との交渉は弁護士にお任せできます。対応経験が豊富なので、適正な示談金額でしっかり交渉してもらえて安心。保険会社に言いくるめられることもなく、プロの対応をしてもらえます。

交通事故被害に強い弁護士がサポート

交通事故被害に強い弁護士が在籍しています。事故直後の対応、治療中のアドバイス、治療費の早期打ち切りや症状固定時期など、各場面において適切な対応をサポート。示談交渉や訴訟まで、手続きをフルサポートしてもらえます。

アディーレ法律事務所の公式サイトはこちら

交通事故に遭遇。どうすれば?

交通事故に遭った人ならその大変さがわかりますが、初めて遭遇すると慌ててしまうこともあります。

相手が一般人であれば良いのですが、相手が高圧的な人になると心配ですよね。

賠償は本当にしてくれるのか? 脅されて医療費など負担してもらえず逆に損害賠償を請求されてしまうのではないか? そんな不安を抱えている人もいるのではないでしょうか。

でも安心してください。困った時は自分で処理するのではなく、落ち着いて対処しましょう。

通常であれば、交通事故関連の保険会社を通して示談は成立します。しかし、そういう保険に入っていないと不安ですよね。次の手順をしっかり守っていれば心配することはありません。

まずは状況把握をしっかりする

交通事故に遭遇した時に真っ先に確認することは、状況を把握することです。相手の名前と電話番号を聞くようにしましょう。もちろん、警察を呼ぶことも忘れずに。

ただし、交通事故の加害者がこれらをやることが多いので、被害を受けた場合は特に必要ありませんが、向こうが警察を呼ばずに示談で済ませようとしてきたら、断固として拒否をしましょう。

まずは、警察を呼んで交通事故の処理を行いましょう。この時、相手があまり連絡を取りたくないと感じたら弁護士を呼ぶようにしましょう。

弁護士を呼ぶ際に気をつけるべきこと

弁護士を呼ぶタイミングは、事故発生から示談成立までであれば、いつでも相談が可能です。

しかし、事故からある程度の時間が経ってしまうと、適正な治療費をもらえる可能性が低くなってしまうことがあるので、なるべく事故直後に電話をかけるように意識してください。

事故直後に電話をすることで、保険会社の対応、病院との交渉、後遺症診断書の作成など治療費を請求することができるように速やかに対応することができます。

保険会社の対応は、弁護士に任せる

加害者側の保険会社と対応をしなければならない時があります。この時、素人が保険会社の対応をすると、良い結果を得られない場合があります。

そのため、弁護士のようなプロに相談方法を享受してもらうことで、対策を立てることができます。それをしなければ、示談の金額がかなり低い金額で提示されてまとめられます。弁護士に依頼すれば適正価格を受け取ることができるので、安心しましょう。

損害賠償請求するためにも早めの対応を

交通事故には、時効があります。3年経過すると時効が成立すると言われています。

また、交通事故の場合日にちが経過すると、証拠の集めが不十分になり、損害賠償の証拠として有効なものが少なくなってしまいます。このような状況になると、損害賠償請求が厳しくなるので早めに動くことをお勧めします。

弁護士費用/その後の生活は?

生命保険に、弁護士特約が付与されている場合は支払いが弁護士費用から支払われます。そうでない場合は、支払うことになりますが、損害賠償金を適正な価格で勝ち取ることができればまかなえる額なので安心してください。

このような流れで、損害賠償請求を行い、最終的に弁護士に依頼した費用を支払います。

依頼した後は、弁護士から様々な書類の確認や手続きの案内の電話がかかってくるので、すぐに対応できるように、心がけましょう。

このように、弁護士に依頼することで賠償金が適正な価格で請求されるようになります。しかし、人によっては弁護士に相談することで、それだけ時間を取られてしまうのでは? と思うかもしれません。

しかし、今後の流れや必要な書類の準備などやることは限られているので、そこまで気にすることはありません。もちろん、交通事故での相談を多く請け負っている弁護士事務所の方がどんなことをすれば良いのかをしっかり教えてくれるので、安心してください。

とはいえ、どこが交通事故に強い弁護士事務所なのだろう? と思う人もいるでしょう。

せっかく依頼するのではあれば、安心して信頼できる交通事故に強い弁護士事務所に相談したいですよね。

そこで、川崎で交通事故の示談・訴訟などに力を入れている弁護士事務所を3社ピックアップ、それぞれの特徴や独自の取り組みなどをまとめました。交通事故事件における弁護士選びのポイントについても解説しています。

交通事故被害の解決事例

示談金を増やして解決

相手の前方不注視が原因となって、衝突されてしまった結果、指を骨折。可動域に制限が出てしまうとのことで、後遺障害等級の認定も受けました。

しかし、それにふさわしいとは思えない示談金、約250万円が相手方から提示されました。示談金額が少なすぎるのでは…と感じ、弁護士に相談。

相手方の保険会社の認定された等級が正しいかどうかを再度確認し、間違いはないとわかったところで裁判所基準額による損害賠償額の計算を行ったところ、やはり不当に安い金額で示談金額が提示されていました。

そのため、250万円だった示談金額を550万円で請求。弁護士からの請求だったことで提示額は上がったものの、まだまだ550万円には届きません。

そこで、紛争処理センターを利用して手続きを行い、弁護士同士で交渉を行った結果、有利に話を進めることができました。請求した550万円はしっかり示談金として受け取ることができ、解決です。

大事なのは、泣き寝入りしないことですね。交通事故の被害者となると、どれぐらいの示談金が請求できるのかもわからないままで、提示された金額が妥当なのであろうと言いなりになってしまう人も多いのだとか。

しかし、粘り強く交渉することで希望通りの示談額を受け取ることができる事例もあります。自分1人ではどうしていいかわからないことは、弁護士に相談してみましょう。

休業損害を請求して解決

駐車場でバックしてきた車にぶつかられ、衝突。手首・膝の打撲となりました。

ケガの治療費をちゃんと支払うため、人身事故扱いにしないでほしい、という相手方保険会社からの連絡を受け、もしかして不利な方向に進んでしまうかも…という不安を抱え、弁護士に相談しました。

被害者としては、やはり人身事故として届け出をするのが基本です。過失割合の争いが発生しそうな場合に大事な実況見分調書が、物件事故となってしまうと作成されないため不利になってしまう恐れがあるからです。

弁護士がすべて代理で行い、けがの治療に専念したものの痛みが残ってしまったため、後遺障害認定申請を行って示談交渉を行うことに。専業主婦だったのですが、家事をすることがままならなかった分の損害を請求、400万円の金額を受け取ることができ解決です。

弁護士が入らないと支払われることが少ない主婦休損をしっかりと受けとるためにも、弁護士への依頼は早めにしておいたほうがいいでしょう。

交通事故における弁護士選びのポイント

交通事故の被害に遭った場合、加害者側の保険会社から慰謝料・損害賠償を受け取ることで解決するケースが多くなっています。

しかし、提示された金額が妥当なものであるかどうかは、なかなか判断がつきにくいもの。 なかには、不当な金額であるにもかかわらず、言われるがままになってしまう被害者もいるのです。

そんな事態を避けるためにも、交通事故発生後はできるだけ早く弁護士に相談することが重要。弁護士を選ぶ際には、以下のような点に注目してみてください。

交通事故事件の実績・経験が豊富である

まず、弁護士選びのポイントとしては、交通事故案件を数多く取り扱った実績と経験があるかどうかが重要。

過失割合などが争点となる場合は専門的な知識・経験が必要となるため、さまざまなケースを取り扱った・解決したという実績は非常に重要なのです。

また、示談だけで話が収まらず、訴訟になった場合にも対応できるかどうかもチェックしておいてください。

説明が分かりやすく話がしやすい

説明が分かりやすいかどうかも大切なポイント。交通事故に強い弁護士は、専門的な用語を誰にでも分かりやすく噛み砕いて説明してくれるものです。

どんな質問でも気軽にしやすく、話しやすい雰囲気であることも大事。こういったスキルは法律相談の時点で確認できるため、しっかりとチェックしておきましょう。

料金体系が明確である

弁護士に依頼するとなると、やはり気になるのが費用。依頼するにあたってどのくらいの費用がかかるのか、はじめにきちんと提示してくれる弁護士事務所が望ましいでしょう。

着手金をすぐに用意できない方のために、成果報酬方式を取っている事務所もあります。この場合は着手金が0円でも依頼できるため、検討してみるとよいでしょう。

交通事故の依頼の流れと費用目安

【個人編】 相談内容で選ぶ川崎のおすすめ弁護士事務所

【法人編】 相談内容で選ぶ川崎のおすすめ弁護士事務所

川崎で評判のおすすめ弁護士事務所

交通事故を起こした際に気になるポイント

サイトマップ

ページトップ

【免責事項】
このサイトは、2015年4月現在の各サイトの掲載情報を元に作成しております。事例や口コミは当時のURLから引用・参照しているため、閲覧時期により掲載が見当たらない場合がありますがご了承ください。紹介している事例や増額事例などはあくまで参考であり、弁護士に依頼すれば同じ額を回収できると保証するものではありません。各弁護士事務所に関する詳細情報は、公式サイトよりお問い合わせください。

川崎市でおすすめの弁護士事務所~トラブル別で厳選~